子育てと仕事に関する自治体の支援について

子育てと仕事に関する自治体の支援について

家族と地域社会の関係性

子育てと仕事を両立するためには、家族だけでは回らない場合があります。特に現在は核家族化していて、近所の人たちとの関係性も希薄です。子供を隣の家に預けれる家庭は昔よりも確実に減ってきていると言えます。仕事をしていて、どうしても抜け出せない時に、子供が病気になることはよくあることです。そういった場合、共働きで働いていて親戚も近くに住んでいなければ、頼れる人がいません。しかし、自治体の支援をうまく使うことで解消できる場合があります。

自治体独自の子育て支援

自治体の支援には様々なものがあり、独自の運営をしています。子育てに力を入れている自治体であれば、必ず働くママをサポートする政策があります。先ほどの子供が具合が悪くなった場合などは、いくらかお金を払えば、看護師さんがいる病院で面倒をみてくれるところもあります。また、どうしても用事があるが子供をみてくれる人がいない場合、時間制で市のコミュニティセンター等で預かってくれる制度があったりします。自治体にそのような制度がある場合は、利用した方が便利です。

雇用面と保育面の充実を

自治体の支援は、子育て世代にとってはとても便利な制度です。しかし、知らない人も多く、情報量に格差があるのは否めません。各自治体が、一体どのような子育て支援を行っているのか、子育て世代全体に確実に知らせられる体制を取るべきです。子育てをしながら仕事をしたいという人はたくさんいます。雇用面と保育面での充実を図らないところは、子育てしにくく、仕事も見つかりにくいとなり住みにくい場所になってしまいます。雇用面、保育面の充実が自治体の発展に繋がるということを考えなければなりません。

シングルマザーの仕事は、子育ての時間も確保できるように子供と関わる時間も大切にしなければなりません。子供が小さいときは大変ですが、そこで手を抜いては後でもっと大変になります。