保育士免許を独学で取得する方法を紹介します!

保育士免許を独学で取得する方法を紹介します!

保育士免許を取得するための条件!

保育士免許は、国家資格ということもあって中々取得することができないように思われているのですが、実はほかの資格に比べると、取得する条件がかなり浅いのです。ほかの国家試験ですと、所定の教育機関を卒業したりしていることが条件となってくるのですが、保育士に関しては特に卒業しなくても取得することができるのです。年齢制限のみですので、独学でも十分取得することが可能な免許ですよ。自分の努力次第で、取得可能ですので、誰にでもチャンスがあるわけです。

独学で取得するには?

保育士免許を独学で取得したいと思った時には、まず勉強しなければなりません。保育士の国家試験では、筆記試験と実技試験があるのですが、どちらも当然対策しておかなければならないのです。筆記試験に関しては、かなり専門的な内容を問われることがあるために、参考書などでしっかり対策をしておくことが必要になってきますよ。参考書以外にも、通信講座を利用したり一時的に専門学校に通ったりして、知識を身につけていくとよいでしょう。

独学での取得はかなり厳しい

保育士免許を独学で取得するとなると、かなり厳しくなってきます。と言うのも、専門的な内容すぎで中々頭に入ってこないからです。また、実技試験の対策を併用して行うとなると時間が足りなくなってしまうので、かなりの時間を要してしまうことになります。様々な方法を駆使することによって、取得は可能なのですが、厳しいということに変わりはありませんよ。それでも取得したいと思っている人は、集中して勉強することが必要になってきます。

保育園の求人は全国各地でたくさんされています。保育待機児童も増え、保育士が足りていないのが現実です。